布ナプキンの魅力2

布ナプキンは使い捨て紙ナプキンに比べて、経済的で使い勝手がいいですね。

布ナプキンを洗濯するときは柔軟剤を使用しないでくださいという注意書きを見たことがありますが、どうしてかというと、柔軟剤を使うと、吸収性が弱まるらしいです。

布ナプキンを柔軟剤入りで洗濯すると、柔軟剤仕上げは、界面活性剤の効果で、布の表面をふわふわにする、いわば、膜を作るんですね。その分、吸収率が落ちるということでしょうか。

布ナプキンを使用する前に一度洗濯してから使ってくださいとの案内も書いてありますがこれは、洗濯することによって、布が柔らかくなって使い勝手が欲なり、吸収率も良くなるということです。

更に、布ナプキンを使用前に洗濯することによって、製造過程でついた、不純物を洗い流すことも出来、健康上、必ず洗ってから使いたいものです。

紙ナプキンの場合、殺菌対策などでナプキンに有害化学物質が含まれていないでしょうか?直接敏感な肌につけるだけに、経皮吸収される有害化学物質が含まれていたら大変です。

最近、書店で経皮毒という本をよく見かけます。
経皮毒とは皮膚から吸収される毒のことなんです。

皮膚から吸収される毒、いわゆる経皮毒が体に蓄積され、アレルギーとか、がんなどになる場合があるということです。

しかも、性器が一番経皮吸収をしやすい器官だそうです。
だとしたら、紙ナプキンに有害化学物質が含まれていたら、どうなるか、考えただけでも怖くなります。

私は、経皮毒の本を買って読んだことから、使い捨て紙ナプキンから、安全な布ナプキンに代えたのです。

自分で洗濯する場合は、使う洗剤も有害化学物質が入っていない洗剤を使えるので、2重に安心です。

女性の敵、子宮がん、子宮頸がん、子宮筋腫のリスクを減らすためにも、スカイ捨て紙ナプキンから布ナプキンに代えませんか?