布ナプキン 見直し

布ナプキンのよさが見直されているようです。
布ナプキンはエコナプキンとも呼ばれていますよ。

布ナプキンのよいところは、生地が布であるため、何回も選択ができるところです。えーっ、汚いなんて思っていませんか?

じぶんの体の一部分ですよ。汚いなんて思っていられません。

使い捨てナプキンは便利ですが、殺菌のための合成化学物質が含まれていないかなど、よく調べる必要もあります。

合成化学物質は経皮吸収として、体内に吸収されます。
体で皮膚から一番吸収されるところが性器といわれています。

ですから、ナプキンに有害な合成化学物質が含まれていたら、どうなると思いますか?大変なことになります。

私が布ナプキンに代えたのは、このことを知ったからでした。

使い捨てナプキンは漏れ対策、臭い対策色々きっちりされているものが多いですが、布ナプキンも工夫すれば漏れは大丈夫ですよ。

臭い対策も布ナプキンを重ねることで緩和されます。
私が布ナプキンをお薦めするのは、健康のためからです。

使い捨て紙ナプキンに有害合成化学物質が含まれていたら、経皮吸収されて大変なことになりますよと書きましたが、使い捨て紙ナプキンは燃えるゴミではないんですね。

有害化学物質を含んだものを燃やしたら空気中にダイオキシンをばら撒くことになります。

使い捨て紙ナプキンは、塩素で漂白した素材やにおい消しなど、様々な有害化学物質を含んでいるような気がしてならないのです。

布ナプキンなら洗濯して何回も使えます。有害化学物質を使用していない洗剤を使えば安心ですものね。

近年、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、子宮頸がんを発症する人が多くなっていますが、これらの原因も経皮吸収される有害化学物質ではないかと指摘する学者もいます。

そういえば、若い女性に子宮がん、子宮筋腫、子宮頸がんが増えているという記事を見たことがあります。

ZARDの坂井泉水さんも子宮頸がんだったですね。

女性は生理が始まったときから、ナプキンを使用します。
何年も、何十年も有害化学物質が入ったナプキンを使っていたら、がんなどの病気を引き起こすリスクが極端に多くなるということを恐れるのです。

私は布ナプキンを使い始めたことで、かぶれやかゆみがなくなりました。

使い捨てケミカルナプキンは通気性がいいとうたっていますが、布ナプキンとは比べものにならないです。

健康のためにもナプキン、代えてみませんか?